Rapport Firefox拡張機能

EdgeHTML 16ブラウザは、現在サポート対象ブラウザには含まれておりません。
IBM Trusteerでは、EdgeHTML 16ブラウザをサポートするべく対応努力を続けております。
本件に関するお問合せはIBM Trusteerカスタマーサポートまでご連絡ください。
Safari 10.1は、現在サポート対象ブラウザには含まれておりません。IBM Trusteerでは、Safari 10.1をサポートできるよう、Apple社と継続的に協議を行っております。本件に関するお問合せはIBM Trusteerカスタマーサポートまでご連絡ください。

WindowsとMacでChrome 67およびFirefox 61に対応しました!
ここをクリックして、Rapportバージョンのアップデートをしてください。

 

Microsoft Edge - Edge HTML16 が立ち上がらない事象が認識されています。その事象が発生した場合、こちらをご参照ください。
 
 
Rapportの新しい各ブラウザー拡張機能を有効にするため、下記からそれぞれのガイドとビデオをご参照ください。
 
Google Chromeユーザーはこちらをクリックしてください
Firefoxユーザーはこちらをクリックしてください

Rapport Firefox拡張機能

 

 

 

Rapport拡張機能の概要

 

Rapportのブラウザ拡張機能は、Rapportの機能を完結させ、ブラウジング中に完全な保護を提供するコンポーネントです。

換言すれば、Rapportは、拡張機能がインストールされ有効化されて初めてFirefox上で機能すると言えます。

拡張機能がインストールされていない場合、またはインストールされても有効化されていない場合、ブラウザはRapportによって保護されません。

 

Rapport拡張機能の有効化:

 

1. Rapportをインストールした後に初めてFirefoxを開く場合、感嘆符付きの黄色い四角形が、メニューアイコンに少し重なる形で画面右上に表示されます。
2. Firefoxのメニューアイコンをクリックして、Firefoxのメニューを開きます。
3. 画面上に、「IBM Security RapportがFirefoxに追加されました」という通知が表示されます。この通知をクリックします。
4. 拡張機能のタブが開き、通知のポップアップが表示されます。 
5. 「有効にする」をクリックします。
6. すべての手順が完了すると、拡張機能のリスト内に拡張機能が表示されます。

 

アドレスバーの右側にアイコンが表示されれば、Rapport拡張機能が正常に追加されたことを意味します。
黄色い四角形のインジケーターが表示されるのは、ブラウザを初めて開く場合だけです。
拡張機能を有効化せずにブラウザを閉じた場合、インジケーターは再表示されません。
これはまた、Rapportのアイコンも表示されないことを意味します。

 

アドレスバーにアイコンが表示されない場合は、「Rapportのアイコンが表示されない」のセクションにある動画「アイコンが表示されない」をご覧ください。

 

保護状態の確認

 

Rapportのアイコンには2種類のステータスが存在します:

灰色 - 閲覧中のウェブサイトはRapportによって保護されていません。
緑色 - 閲覧中のウェブサイトはRapportによって保護されています 

 

 


 

Rapportのアイコンが表示されない

 

ブラウザのアドレスバー内にRapportのアイコンが表示されない場合は、以下の手順に従って拡張機能が有効になっていることを確認してください。

  1. 画面右上にあるFirefoxのメニューアイコンをクリックします。
  2. 「アドオン」を選択して、「アドオンマネージャー」を開きます。
  3. ブラウザの左上を確認して、「拡張機能」のタブが開いていることを確認します。
  4. リスト内にある「IBM Security Rapport」拡張機能を見つけます。
  5. 拡張機能の右側にある「有効化」のボックスにチェックを入れます。

チェックを付けると、アドレスバーの右側にRapportのアイコンが表示されます。

 

 

 

Firefoxの拡張機能リスト内にIBM Security Rapport拡張機能が表示されない場合は、Firefoxの拡張機能フォルダーからインストールする必要があります。

  1. Firefoxの「アドオン」マネージャーを開き、画面右上の「アドオンを検索します」と書かれた検索バーの隣にある歯車アイコンをクリックします。
  2. 「ファイルからアドオンをインストール」を選択して、ファイル選択画面を開きます。
  3. 画面右側にある「ローカルディスク(C:)」をクリックします。
  4. 「Users」を選択します。
  5. 自分のアカウント名が含まれたフォルダーをクリックします。
  6. 「AppData」をクリックします。「AppDataフォルダーが見つからない場合」のセクションに移動し、そこに記載された手順に従った後、こちらの手順のステップ8に戻ります。
  7. 「Roaming」 --> 「Mozzila」 --> 「Extensions」をクリックします。
  8. 「Extensions」フォルダー内の次のフォルダーを開きます:{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}
  9. rapportext@trusteer.com.xpi」ファイルをシングルクリックでハイライト表示させ、「開く」をクリックします。
  10. ファイルが開くと、ポップアップ画面が表示され、「IBM Security Rapport」をアドオンとして追加するかどうか尋ねられます。
  11. 「追加」ボタンをクリックして、確認メッセージの「OK」をクリックします。

Rapportのアイコンが表示された場合は、拡張機能が正常に追加されたことを意味します。

 


 

 

 

 

 

AppDataフォルダーが見つからない場合

 

ユーザーフォルダー内に「AppData」フォルダーが見当たらない場合は、フォルダーが非表示になっています。
フォルダーにアクセスするには、ウィンドウの検索バーに表示されるパスバーをクリックします。現在、「ローカルディスク(C:)」 --> 「Users」 --> [自分のアカウント名]が表示されているはずです。 
アカウント名の右側をクリックします。
もう一度クリックして、カーソルをラインの一番後ろに持って行き、「¥AppData」と入力し、「Enter」をクリックします。
「AppData」フォルダーの内容が表示されます。
上の手順に戻り、ステップ8から再開します。 

 

 

 

 


 

保護されたサイト上でRapportのアイコンが緑色にならない

 

ご利用の銀行やTrusteerサポートのウェブサイトなど、保護されたサイトを開いてもRapportのアイコンが灰色から緑色に変化しない場合は、コンピューター上でRapportが実行されていない可能性があります。
Rapportが実行されていない場合、保護機能は提供されていません。
以下の方法で、Rapportが実行されていることを確認してください:

 

 

 

Windows 7

  1. 画面左下にある「スタート」ボタンをクリックします。
  2. 「すべてのプログラム」をクリックします。
  3. 「Trusteer エンドポイント保護」フォルダーが表示されるまで下にスクロールします。
  4. フォルダーをクリックして開き、「Trusteer エンドポイント保護コンソール」をクリックします。

 

 

 

 

 

Windowns 8/10

  1. 「Windows」キーと「S」を同時にクリックし、検索バーを開きます。
  2. 検索バーに「Trusteer」と入力します。
  3. 「Trusteer エンドポイント保護コンソール」をクリックし、Rapportコンソールを開きます。

 

 

 

「Rapportが実行されていません」というポップアップメッセージが表示された場合は、Rapportが現在停止していることを意味します。
Rapportを再開するには、ポップアップメッセージ内の「はい」ボタンをクリックします。
Rapportが再開されたら、ブラウザを閉じてから、もう一度開いてください。
ブラウザを再起動したら、保護されたサイトに移動し、アイコンが緑色になっていることを確認してください。
コンソールに何もメッセージが表示されていない場合、Rapportは既に実行されています。

 

   

Rapportが実行されていることを確認し、ブラウザを再起動した後もアイコンが灰色のままの場合は、当社ウェブサイトからチケットを提出して、サポートを依頼してください:

 

www.trusteer.com/ja/support