インターネット・バンキングシステムへのログイン時、 ポップアップ画面が表示されない場合の対処方法

EdgeHTML 16ブラウザは、現在サポート対象ブラウザには含まれておりません。
IBM Trusteerでは、EdgeHTML 16ブラウザをサポートするべく対応努力を続けております。
本件に関するお問合せはIBM Trusteerカスタマーサポートまでご連絡ください。
Safari 10.1は、現在サポート対象ブラウザには含まれておりません。IBM Trusteerでは、Safari 10.1をサポートできるよう、Apple社と継続的に協議を行っております。本件に関するお問合せはIBM Trusteerカスタマーサポートまでご連絡ください。
WindowsでChrome 64 および Firefox 58 が対応可能になりました!
Firefox 58 がMac でサポートされるようになりました!
ここをクリックして、Rapportバージョンのアップデートをしてください。
2018年1月18日からリリースされた最新のRapport バージョンで、Windows 8.1とInternet Explorer を組み合わせてご利用される場合、インターネット・バンキングへの
ログイン時に表示される証明書の選択画面などを例としたポップアップ画面が表示されない場合があります。 そのような事象が発生した場合、ここをクリックして
案内されるオプションから必要な設定やアクションを実行してください。

Windows 8.1 と Internet Explorer (バージョン11)を Rapport (バージョン 3.5.1908.134)と組み合わせてご利用のお客様におきまして、インターネット・バンキング・サービスにログイン出来ない、もしくは、ウェブサイトのポップアップ画面が表示されないという事象が発生しております。
 
本事象が発生した場合、誠にご不便をおかけいたしますが、下記のいずれかのオプションを実施ください。当オプションを実施いただくことで、お客様のパソコンの稼働に影響を与えることなく、本事象を解消することができます。また、当オプションを実施いただきましても Rapportのマルウェア検知のレベルは下がることはございませんので、引き続き安心してご利用いただけます。
 
 
<オプション1>  Internet Explorerを開き、下記の手順で管理者として実行します。
Internet Explorer -> 右クリックで表示される「管理者として実行」をクリック。
制限付きユーザー権限をご利用の場合、管理者のパスワードが必要となります。


 

<オプション2> Internet Explorer上で下記の設定を実施し、Webサイトの登録を行います。
登録が必要となるサイトは、インターネット・バンキングシステムへのログインに必要なサイトです。
 
1. Internet Explorerを開き、信頼済みサイトに登録するご利用のインターネット・バンキングシステムのWebサイトを表示します。
2. 「ツール」(歯車のボタン)->「インターネットオプション」の順にクリックします。
 
 
2. セキュリティタブ ->「信頼済みサイト」をクリック後、「サイト」ボタンをクリックします。
 
 
3. 「このWebサイトをゾーンに追加する」の下が、ご利用されるインターネット・バンキングシステムのWebサイトのURLである事を確認し「追加」をクリックします。
   追加後は [Web サイト] の項目にURLが表示されます。
 
 
4. 「閉じる」をクリックし、「信頼済みサイト」 画面を閉じます
5. インターネットオプションの画面で 「OK」をクリックし画面を閉じます。